ミッキー安川さん、ありがとう

今日は、ミッキー安川さんのお通夜だったんですね。

700人もの参列者とのこと。

ミッキー安川さんって、どんな方だったのか…

お亡くなりになってから知りました。

多彩な人の人間的に大きな方だったんですね。

納得です。

なぜ 「納得」か。なぜ「ミッキー安川さん」を書いてるのか

不思議に思われるかもしれませんが…

私、このミッキー安川さんを存じていますが、存じてないんです(笑)

どうゆうことか…お話すると…

昔 私が勤めていたビデオ屋に ある素敵なご夫婦がいらっしゃいました。

そのご夫婦には、お子さんがいらっしゃらないそうで…

私の事をとても可愛がってくれていました。

もしかしたら… 娘になっていたぐらいかもしれません(笑)

そして、週に何回か ご夫婦がディナーを食べに出かけるそうなんですが、

そのお店が、ミッキー安川さんのお店なんだそうです。

他店に行っても 必ず立ち寄ってたそうです。

そして そこでご夫婦は私の話しをミッキー安川さんにするんだそうです。

なんどか話しているうちに ミッキー安川さんの方からも

私はどうしてる?と聞いてきてくれてたそうです。

どんな話をしていたのか… されていたのかは、まったくわかりません。

何を話されていたのか気になる所ですが…

でも 悪いことじゃないと思います。

その理由が… そのうちご夫婦がミッキー安川さんのお店に行くと

私にピザを持ってきてくれるようになったんです。

毎回毎回。

ご夫婦も私に「ピザ食べたい?」と聞いては、持ってきてくれるんです。

それがまた… 美味しいピザだし、大きいんです。

職場のみんなも喜んで頂いてたんです。

でも あまりに回数が多いので 申しわけなくて、

断ったり、代金を払うと言うと…

ご夫婦は「お金はいらない。かかっていない。もらえない」と。

そうこう繰り返すうちに 知ったのですが…

なんと このピザ、ミッキー安川さんが、タダで持たせてくれていたそうです。

ご夫婦からもお金は取らず、

私に食べさせてやってくれと渡していた?預けてくれてたそうです。

食べてない子と思われたのでしょうか…(笑)

確かにこの頃は忙しく、3~5日は帰宅できず、

店の中に段ボールを引いて寝たり、銭湯に通ったりしていて

まともな食事もできず。

温かいご飯は、近くの弁当屋かそのピザぐらいでしたから

とてもありがたかったです。

会ったこともない私にどうして そんな風にしてくれたのか。

直接お礼を伝えようとしましたが… 時は過ぎ 今日に至りました。

そのご夫婦はもちろん…

このミッキー安川さんには、本当にお世話になりました。

私が勝手に解釈してますが…

きっと ミッキー安川さんなりに 私のことを可愛がってくれていたんだと思います。

ちゃんとお礼ができなかったこと… 恥ずかしい限りですが、

この場を借りて… 「ありがとうございました」と届けたいです。

寂しい言葉は書きませんが…

いつかお会いしたなら お礼を伝えたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年01月24日 01:21
こんばんは!

ミッキー安川さん、そしてご夫婦共にその心の優しさが伝わってきますね。またよっすぃさんも皆さんから愛されていた事がよく分かります。温かいお話し、感動しました。ミッキー安川さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
2010年01月24日 10:33
影武者さん、こんにちは!
コメント ありがとうございます。
そう言ってくださり ありがとうございます。
たぶん サービスしていた効果だったのだと
思っております(笑)
にしても… この2組が優しかったことに変わりはありませんね。
ありがたかったです。
それと こんな独り言にもコメント残してくださった
影武者さんにも感謝しております。
ありがとうございます。
2010年01月24日 12:58
これから、自分達が小さい頃憧れてた人たちが、あちらの世界に逝かれる事が増えるだろうなぁ~、などと居酒屋の主と先日話しておりました。
皆結構な年になってきましたし。
ミックジャガー、エリッククラプトンなどなどの比おロー達も、結構な年齢になってきたようですねぇ。
2010年01月24日 17:20
MONTAさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり… これから先
見送ることになるのでしょうね。
ミックジャガーもエリッククラプトンも。
私の場合 ロッドスチュワートも(汗)
楽しませてくれた。
影響を受けた者としては寂しく思うし
振り返る事が多くなるのでしょうね。

この記事へのトラックバック